お洒落な人とは

お洒落

同じような服装をしているのに、お洒落に見える人とそうでない人。

とびきり美人ではないのに、とても素敵に見える人。

身なりにすごく気を付けているのに、イマイチあか抜けない…

「お洒落さん」にみえる正体ってなんだろう…って日ごろよく考えています。

清潔感

身だしなみの内なので、お洒落をする大前提の話ですが…
髪の毛、肌、体臭、洋服のシミやシワ、靴が汚れていないか、等どこかひとつでも清潔感を感じない箇所があるとお洒落をしてもマイナスポイントとなります。
マイナスの感情はプラスの感情より強く残るもの。
初対面だったら、尚更印象が強く残ります。

お洒落をいつも意識する必要はありませんが、「清潔感」だけは四六時中意識したいものです。

TPO

その場に合った服装やメイクをすること。
素敵な洋服でも、場に合っていなければ素敵にみえません。
ファッションは自由といわれていますが、「TPO」を踏まえた上での自由です。
人に不快感を与えないこと、が基本。

サイズ感

身体に合ったサイズの服を着ているか。
小さすぎても、大きすぎてもダメ。
スタイル分析を受けると、スタイルが良くみえる洋服が分かります。
自分スタイル診断®では、似合う生地の厚さや柄の種類、ファッションテイスト等が分かります。
自分の印象に合う洋服を着ること=調和=似合う
お洒落な方は、自分の似合うものをよく知っていますよね。

カラーコーディネート

視覚に物が入る時、デザインより色の情報がまず先に認識されるといいます。
人の服装もどんなデザインかではなく、色のほうが印象に残りますよね。
お洒落な方は、色づかいがとても上手。
パーソナルカラーや自分が似合う色の特徴を知っておくと、ファッションにとても活かせます。
カラーコディネートのコツは色々あるので、また別の機会にblogを書きますね。

仕草

立ち姿、歩き方、などの動作全般が素敵な方っていいですよね。
綺麗に着飾ってもこれらがガサツだと台無し。
背筋をシャンっと伸ばして、目線は前。
スマホをみるときの姿勢にも要注意です。
見られていることを意識すると良さそうです。

自分軸をもっている

トレンドを取り入れすぎたファッションは何故か素敵にみえません。
お洒落な方は、自分なりのこだわりを持っています。
自分のことを知っているからこそ、持てるこだわり。
自分に何が似合うかをよく知っているのでトレンドにあまり流されることがないのです。

季節感

日本は四季があるので、季節に合わせたファッションが楽しめます。
柄や素材が季節にあっているかどうか。
季節の変わり目だと、足元から演出できますね。
いつからサンダルOK?とか毎年タイミングを考えてしまいます…

まとめ

私なりにまとめてみた「お洒落さん」の正体。
同じ手間をかけるなら少しでも良い印象にみせたいものです。

私にとってお洒落はモチベーションをあげるもの。
コミュニケーションツールのひとつでもあります。

身に付けているものから、会話が広がるかもしれない。

褒めてほしいわけでなく、自己表現ツールのひとつともいえます。
その日の気分が身なりや服の色に反映することもあるので、ふと冷静に自分の格好をみるとその日の心身の状態がわかったりします。

ファッションやメイクは「正解」がないので、楽しいですよね。

RUMI
自己紹介はこちら

タイトルとURLをコピーしました