16タイプパーソナルカラー診断について

パーソナルカラー

こんにちは。
RUMIです。
自己紹介はこちら

今日は改めて16タイプパーソナルカラー診断についてご説明します。
以前、ご説明した記事はこちら
少し堅苦しかったので、今回はラフに説明しようかと。

まずは、「パーソナルカラーとは?」を一言でいうと、「肌が綺麗に見える色のこと」をいいます。
顔まわりに身に付けると、パッと肌が明るくなったり、立体感が出たり、シミやクマが目立ちづらくなったりと…良いことだらけ。
髪や目の色、肌の色と調和する色ので「似合う色」と言われるのです。

そして、色々と流派はありますが、基本は4シーズンの理論を基に考えられています。
(Spring、Summer、Autumn、Winter)

私がメインに行っている16タイプパーソナルカラー診断は、各シーズンを4タイプずつに分けて16タイプにしているものです。

分ける基準は「色の特徴」です。
色の特徴で分けることにより、その方が最も得意とするものが分かります。

例えば、4シーズンではSpring、16タイプではVivid-Spタイプだとすると「原色(鮮やかな色)」が得意な方という解釈ができます。
「原色(鮮やかな色)」がその方の色選びをする際の最優先ポイント。
個人差はありますが、鮮やかな色であればイエベブルベ気にしなくて良い、というようなことが分かります。

Warm-Spタイプですと、SpringとAutumnの中間の色が一番似合うということです。
このタイプは、黄みが一番大事。
ということは、苦手なのは青み。
温かみを感じる色+明るさは中間ぐらいのトーンがおすすめ、となります。

お店で洋服を選ぶ際、4シーズンより似合う色の特徴を把握しておくと迷いが減ります。
「この服、Springの色?」ではなく、
「鮮やかな色だから似合う」という考え方ができるようになるのです。

慣れないうちは比較しないと違いが分からないもの。
色は無限にあるので、シーズンで似合うものを狭めることは勿体ないことだったりします。

4シーズンパーソナルカラー診断を受けたことがある方でも、より深く似合う色が分かるので16タイプパーソナルカラー診断は当サロンの激推しメニューとなっております!!!

ご予約をお待ちしております♫

RUMI

※誤解がないように…4シーズンでも十分似合う色の傾向が分かります。
ただ私がラピスアカデミー出身の為16タイプパーソナルカラー診断を推しているのです。
(ラピスアカデミーは16タイプパーソナルカラー診断のスキルを習得できるスクールです)

タイトルとURLをコピーしました