顔タイプ診断の結果が好みではなかった時の解決法

お洒落

パーソナル診断には、パーソナルカラー診断、顔タイプ診断、自分スタイル診断、骨格診断など様々な診断方法がありますが、共通点は「自分に似合うものがわかる」ということです。

上記に挙げたものを全て受けると、外見に関する「自分の似合う」が全て分かります。

自分の軸が定まるということです。

これが分かることによって、今までの悩みが解決する方、逆に混乱した方などお客様の反応は様々。

今日は、診断結果が好みではなかったパターンのお話をします。
(私の体験談です)

顔タイプ診断を初めて受けた時「キュート」と診断されました。
キュートは、子供顔で顔に曲線が多い(直線がほぼない)タイプです。
私は当時、フレッシュの服装が好きだったのでとてもショックをうけました。
フレッシュは、カジュアル・爽やか・シンプルなファッションが似合います。
(個人差はあります)

キュートって、フリフリとかパフスリーブとか甘い印象しかなかったので結果を聞いたとき疑いしかありませんでした。
実際は、キュートといっても色々なキュートがあるので、似合うものはフリフリとかパフスリーブだけではないです。

余談ですが顔タイプ診断のスクールに通い、アクティブキュートにタイプは変わりました。
(キュート寄りのアクティブキュート)

ここで本題です。

「診断結果が自分の好みではなかったらどうすればよいか」

・なりたい自分を明確にする
人からどのようにみられたいのかをまず明確にすることが大事です。
これを踏まえ、どれだけそこに近づけるか、何をすれば近づけるのかを整理する。

・はずせない条件を確認
外見が魅力的にうつるために、はずせない条件を確認しましょう。
パーソナルカラー?骨格?テイスト?
例えば、「可愛い」印象で「クール」が苦手の方の場合。
可愛いや装飾性を重視したほうが良い方とします。
(シンプルは寂しい)

例1:洋服のデザインはフリルやギャザー、凹凸素材、デザイン性のあるもの等にして、色は黒にする
例2:洋服のデザインをシンプルにして、色をピンク系にする+アクセサリーで盛る

「可愛い」テイストを作るには色々な方法があるのです。

似合う幅の中で調整をしていけば良いということ。

ちなみに調整に無理がありすぎると、違和感が生じお洒落にみえなくなります。

私の診断では、顔タイプごとでキーワードをお伝えしています。
このキーワードを意識すれば、似合うファッションがみつかりやすいです。

キュートは、可愛い・装飾性・甘い・柔らかい・小花柄等。
ファッションは自由なので、「このアイテム!」ではなく「こういう雰囲気のもの」でイメージしていったほうが分かりやすいと思っています。

顔タイプ診断の結果は、周りからみた自分の印象ともいえます。
キュートと診断を受けた時、とても戸惑いましたが今では納得していますよ。
シンプルなものが好きでしたが、今は地味にならないことを意識してファッションを楽しんでいます。(私の外せない条件は、装飾性です)

年齢やライフスタイルが変わればファッションも変わるので、日々追求あるのみです。
まずは、自分の軸を知るとブレがなくなるのでパーソナル診断はとてもおすすめです!

診断メニューはこちら
顔タイプ診断とは

RUMI

タイトルとURLをコピーしました